理念

リョーサンは、創業以来「企業は公器である」との強い自覚のもとに企業活動を続けております。また、単なる商社ではなく、エレクトロニクスの世界における「システムコーディネーター」として、人々のニーズとエレクトロニクス技術の理想的結合を確かなカタチにしたいと考えております。こういった自覚や役割のもとに、長期的展望に立った着実なる企業成長を目指しています。

基本思想 / 企業の社会性

企業とは、本来社会の役に立つためにつくられたものであり、社会から必要とされる限り存在が許されます。逆に言えば、社会から必要とされなくなったならば、存在する意味を失うという、強い意志と覚悟の上で、リョーサンは「企業は公器である」ということを創業以来強く意識しています。

基本理念 / 企業の方向性

「システムコーディネーション」それは、エレクトロニクスを最適なかたちで社会に提供する、
まったく新しいコンセプトです

リョーサンは「エレクトロニクスのシステムコーディネーション」を通じて、「人と技術の進歩の融合」に少しでもお役に立つことが、使命と考えています。

経営理念/経営のあり方

使命の実現度の向上を成長
使命の実現度の向上を成長とする原則 リョーサンは使命型企業として、成長の基準を使命の実現度に求めます。
企業価値の創造
株主価値の向上を成長とする原則 リョーサンの経営者は、企業としての価値を高めることによって、株主の皆様の委託に応えます。
価値交換性の向上
各ステークホルダーとの価値交換性の向上を成長とする原則 リョーサンは企業そのものの存在理由をステークホルダーの方々との価値交換であると考え、経営者はそのために“最適価値の交換”の追求をいたします。

CSR