企業憲章

倫理的であること 社会の公器であるリョーサンは、企業活動のあらゆる側面において、倫理的であることを心がけます。

人権を尊重すること 社会の公器であるリョーサンは、企業活動のあらゆる側面において、人権を尊重いたします。

環境に配慮すること 社会の公器であるリョーサンは、企業活動のあらゆる側面において、環境に配慮いたします。

リョーサンは、社会の公器として最良の存在でありたい、と願っています。最良の存在であるための条件とは、まず、各ステークホルダーと最適の価値交換がなされていること、さらには、企業としての存在自体が、より理想的であることだと考えています。たとえば、企業とは人びとの幸せ実現を支援する装置として社会から存在を認められたものです。したがって、その目的のためになす企業活動において、その主旨に背く行為や社会に及ぼす害など一切あってはならないのです。
リョーサンは、社会の公器として最良の存在となるために、いくつかの約束をいたします。この約束は、あまりにも当然なものです。しかし、あえて自らを律することは決して無駄ではありません。
この約束は、企業としてなされるものであると共に、リョーサンの構成員一人ひとりが自覚し、実践することによって果たされるものです。リョーサンは構成員に対し、この約束を誠実に履行することをお願いします。と同時に、これらの誠実な履行によって、リョーサンの経済的利益やビジネスの機会が逸したとしても、その姿勢を支持いたします。自ら掲げた理想に一歩ずつ近づこうとする熱意や知恵の傾注こそ最良への近道です。そして、その挑戦は間違いなく称賛に値し、人間としての誇りに繋がることでしょう。
私たちは迷わず正しい道を選択します。リョーサンは、社会の公器として堂々と歩みます。そして、社会に対して忠誠を誓うものであります。

CSR