地球環境のために

環境方針

理念

私たちは、地球という星を終の住み家としています。しかし、今ここに暮らす人びとの所有物ではありません。私たちの子も孫も、その先の子孫たちも住み続けます。言わば、その遠い子孫たちからの、未来からの預かりものであります。現代人がしっかりと理解すべきことは、この地球は遠い未来の人たちと共有しているということです。たとえば、今、私たちが豊かであろうとすることによって子孫たちの時代が辛く厳しいものになるかも知れません。人類が生きていくための環境を守り、あるいは整えることこそ、やがて先祖となる私たちの役割でしょう。社会の公器であるリョーサンは、そのことを十分理解し、常に環境に配慮して活動して参ります。

指針

1.
私たちは、エレクトロニクスのシステムコーディネーターとして、半導体、電子部品、電子機器等の商社活動とソフト開発、回路設計及び付帯するサービスの全領域において、地球温暖化の抑制、生物多様性の保全と持続可能な利用のための諸施策を推進します。
2.
私たちは、環境関連法令や規制、当社が同意するその他の環境に関する要求事項(協定や要綱等)を遵守します。
3.
私たちは、環境保全に関する目標を定期的に見直し、継続的な改善と汚染の未然予防を推進します。
4.
私たちは、次の活動に取組みます。
(1)
省資源・省エネルギー活動の推進
(2)
循環型事業活動の推進(廃棄物の削減、リサイクル、グリーン購入等)
(3)
顧客先様及び仕入先様と連携した製品含有化学物質管理の推進
5.
私たちは、社内で本環境方針の周知を行い、環境意識の向上と本方針の浸透を図ります。
6.
本環境方針は広く公開するとともに、ステークホルダーから要求があった場合速やかに開示します。
2017年6月23日 代表取締役 栗原 宏幸

環境ISO14001

リョーサンでは、2003年にISO14001の認証を取得し、マネジメントシステム活動を推進しています。地球温暖化や生物多様性の重要性を強く意識し、事業活動の全領域で環境負荷低減に取り組んでいます。毎年社長が行うマネジメントレビューに基づき、環境管理責任者、各部門の運用担当者がそれぞれの活動領域に合わせて見直しを行い、より実効性を高める取り組みを行っています。

認証規格 ISO14001:2015
認証機関一般財団法人日本品質保証機構(JQA)
登録証番号 JQA-EM3334
登録日2003年8月22日
登録更新日 2018年8月22日
有効期限2021年8月21日

環境中長期目標

2015年度に設定した第三次環境中長期計画は終了し、2018年度より第四次環境中長期目標をスタートさせました。第四次中長期計画は、第三次中期目標を達成できたことにより、新たに中期目標を設定し、長期目標は第三次目標を踏襲します。

第四次環境中長期目標
1.長期目標〈2025年度〉(電気使用量の削減)全社:電気使用量を2005年度比45%以上削減(リサイクルの推進)全社:リサイクル率92%以上を維持 2.中期目標〈2018~2020年度〉(電気使用量の削減) 全社:省エネ設備の導入(電気使用量・経費の削減) (廃棄物) 全社:2018~2020年の平均リサイクル率91%以上 (製品含有化学物質) 営業:化学物質含有関連不適合ZERO

環境教育の推進

リョーサンでは、環境活動において一人ひとりの意識ある行動が最も重要と考え、毎年全従業員を対象に環境教育を実施し、理解度テストにより各自の意識高揚を行っています。

ビジネスにおける環境への取り組み

中期目標に掲げたように、ビジネスにおける取り組みは、製品の含有化学物質に関する管理が最も重要と考えています。欧州REACH規制等により化学物質情報の細分化が進む中、サプライヤーと連携し、「グリーン調達基準書」「グリーン調達基準運用手順書」による徹底した管理を行っています。

環境パフォーマンスレポート

(1)温室効果ガス(CO2)排出量

地球温暖化防止に向けて、省エネ機器(エアコン、LED照明)の導入やエコドライブの実施等継続的に取り組むことにより、温室効果ガス(CO2)排出量の削減を推進しています。

温室効果ガス(CO2)排出量 年度推移

(2)電力使用量

省エネ設備の導入を計画的に推進しています。あわせてクールビズの実施、不在エリアや休憩時間の消灯など、一人ひとりが心がけて電力使用量の削減に努めています。

部門別 電力使用量 年度推移

(3)ガソリン使用量

日頃からエコドライブを心がけ、車の急発進・急加速・急ブレーキの抑制、アイドリングストップなどを行い、ガソリン使用量の削減に努めています。ハイブリッド車の導入は10%に増車しました。

ガソリン使用量 年度推移

(4)ガス使用量

ガスの用途は、主に川崎総合業務センターのエアコンです。2017年度は天候と業務の影響を受けて前年度比14.7%増加となりました。電力使用量と同様、効率的なエアコンの稼働を心がけています。

ガス使用量 年度推移

(5)コピー用紙使用量

ペーパーレス化、裏紙の再利用、縮小・まとめ・両面印刷等を徹底し、コピー用紙使用量の削減を推進しています。

コピー用紙使用量 年度推移

(6)リサイクル率

弊社で不要になった什器・備品類については中古品としてリユースしています。また、分別廃棄の徹底、大量廃棄時にリサイクル資源として排出し、リサイクル率の向上を推進しています。

リサイクル率 年度推移

CSR