コーポレートガバナンス

基本的な考え方

当社は、「企業は公器である」という自覚のもと、エレクトロニクスのシステムコーディネーションを通じて人と技術の進歩の融合に役立つことが使命であると考えております。エレクトロニクス市場において自らの存在価値を高め、その価値に見合った対価を得て、業績向上を果たし、全てのステークホルダーの皆様方のご期待にお応えするために、経営の透明性、客観性の確保に努めるとともに、健全な経営のためのコーポレートガバナンスの強化に努めております。

企業統治の体制

当社は、取締役及び取締役会の監督機能を強化し、経営の透明性・公正性の向上を図るために、監査等委員会設置会社を選択し、取締役会における議決権を持つ監査等委員である取締役による監査・監督の体制を構築しています。
取締役会は、取締役(監査等委員である取締役を除く。)4名及び監査等委員である取締役5名(うち社外取締役4名)で構成され、原則として、月に1回定時に開催するほか、必要に応じて、臨時に開催し、経営に関する重要な事項を決定するとともに、業務執行を監督しています。取締役(監査等委員である取締役を除く。)の構成員は、代表取締役 栗原宏幸、取締役 坂元岩男、西浦政秀及び稲葉和彦です。
監査等委員会は、5名の監査等委員である取締役で構成され、原則として、月に1回定時に開催するほか、必要に応じて、臨時に開催し、監査等基準や監査方針等を決定するとともに、監査状況等の報告を受けています。構成員は、取締役 南部真也、社外取締役 佐藤文昭、桑畑英紀、小川真人及び田村裕一です。
当社は経営の意思決定及び監督機能と業務執行機能を分離させ、業務執行における責任の所在を明確にすると共に、業務執行権限の委譲により機動的な経営体制を構築するため、執行役員制度を導入しています。
また、過半数を社外取締役で構成する指名・報酬諮問委員会(委員長 栗原宏幸、委員 坂元岩男、佐藤文昭、桑畑英紀、小川真人及び田村裕一)を設置し、必要に応じて開催しています。取締役会の諮問を受け、取締役及び執行役員の指名及び報酬について答申を行うことにより、 当該指名及び報酬の決定につき透明性を確保し、コーポレート・ガバナンスの更なる充実を図っています。
なお、当社のコーポレートガバナンス体制の概要は、次の図のとおりです。

体制図

内部監査及び監査等委員会監査の状況

内部監査

内部監査は、社長執行役員直轄の監査室が担当しており、期初に策定した監査計画に基づき、業務全般にわたる内部監査を実施しています。監査結果は社長執行役員、関係執行役員及び監査等委員会に報告され、報告された問題点については、担当の執行役員及び監査等委員会より改善指示がなされ、速やかに改善を行っています。

監査等委員会監査

監査等委員会は、監査室や会計監査人と連携を取りながら、効率的かつ効果的に業務執行の監査、監督を行っています。
監査等委員は、取締役会やその他重要な会議に出席し、意思決定の過程及び業務の執行状況を把握するとともに、社内各部門や子会社においての業務状況などの調査を行っています。

会社情報